今求められている人、介護の仕事をはじめよう!

介護の仕事に向いている人

最近、求人広告や求人雑誌を見ると良く目にする介護職の仕事。高齢化社会に伴って、今たくさんの施設から求められている介護士。介護士とはどんな仕事なのでしょうか。デイサービスやショートステイなど、施設によって様々ですがどの施設でも共通することが高齢者との関わりです。高齢者の体のケアはもちろん、話をしたり一緒に食事をしたりという心のケアも大切な仕事です。高齢者の心に寄り添って仕事の出来る人に向いている職業です。

介護士としてのやりがい

仕事をするからには、やはりやり甲斐がなくては長くは続かないと思います。介護士としての仕事にはどんなやりがいがあるのでしょう。まずは高齢者から感謝されること。特に体の不自由な高齢者は、少しの動作でも大変です。そんな時に活躍するのが介護士で、無理な動作の手助けをします。そんな時に感謝の気持ちを頂くと介護士をやっていて良かったと感じると思います。次に社会貢献度の高さではないでしょうか。この先、日本は高齢化社会がどんどん進みますので、それを支えていく介護士はますます重要な仕事になって行きます。

介護職をするのに必要な資格

介護職をするにあたって必要な資格はたくさんありますが、介護施設で働くだけなら特に資格は要りません。とはいえ、ヘルパー資格を持っていれば面接時でもアピールできるので、採用の確立はグッとあがります。介護福祉士の資格があれば、施設の責任者にもなれます。その他にも、ケアマネージャーや相談員といった資格もあります。それらの資格は介護施設で働きながらでも取得可能ですので、働き始めてから介護職としての仕事の幅を広げたいと思えば取得するのも良いかも知れません。

介護の求人を東京で見付ける方法は沢山あります。求人誌や介護業界の職種が掲載されているサイトなどがあります。